蜜獄3%

雪蝶のたまり場。気まぐれスロー更新中。Fate/EXTRA3周目クリア、現在は/stay night2周目プレイ中。延期ドゥCCCに涙目
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追加構想。

久しぶりに青エク見ました。話分からんけど小野Dまで来たか、なんか感動。話が好きなので、いつか漫画買いたいですね。表紙絵に期待しすぎるのは駄目だとか聞いたことありますが。
そいでは追記にうつります。







昨日書いたことと重複するものもあるんですが、まとめとして載せておきます。
*最終決定した名前。
G君(受)→♂本条 直弥
     ♀本条 明菜
J君(攻)→♂間宮 和(わたる)

*初期設定
・時期…7月上旬
・年齢…2人とも高1
・関係…家が隣同士(もしくはマンションの同じ階)で幼なじみ。家族ぐるみで仲が良い。
・学校…二人とも同じ市内の公立高校に通う。クラスも一緒。席は前後(出席番号順)。

*本条 直弥(明菜)
・家族構成…父、母、妹
・身長…165cm(♀155cm)
・体重…47kg(♀39kg)
・中学時代はバスケ部に所属、高校に入ってから部活動の所属は特になし。図書委員会に所属。
・明るく人懐っこいが、声が大きくちょっと空気がよめない。
・甘いもの大好き。

*間宮 和
・家族構成…父、母、兄
・身長…174cm
・体重…58kg
・中学から現在まで硬式テニス部に所属。
・二次元以外は基本興味がない。個々のキャラクターも好きだが、それよりも声優やイラストレーターが好き。
・腕の筋力がかなりある。(直弥君いわく、和君の耳デコピンはものすごく痛かったそうです。実話。)
*あらすじ(時系列、箇条書)
・和がとあるエロゲ(ギャルゲー)をプレイ、直弥と全く同じ性格のヒロインが出てくる。翌日その話を直弥にすると、直弥がそれを見たいと言う→放課後、和の家へ。見た後、二人で若干語り合う。後、直弥帰宅。
・エロゲのプレイを進めるうち、だんだんキャラと直弥が被るようになる。("和は元々直弥のことが好き、でも自覚なしだった"の設定を入れるか悩み中)
・1週間半くらい過ぎた頃(金曜日)、和宅に直弥が遊びにくる。わちゃーっとあったあとに、和が直弥を押し倒す→
直弥「いきなりどうした?」(たいして驚く様子もなく)的なことを聞く
和 「いや、俺おまえのこと好きみたいなんだけど」
直弥「……は?」
↑なやりとりのあと、和が直弥の前髪or前髪をかきあげておでこに軽くキス(♀の場合、片手を顔に沿える程度)する→直弥は和を突き飛ばして、両者フリーズ(フリーズとけた瞬間に直弥の赤面があると尚更いい)、直弥ダッシュ。・土日は今のところ割愛。成就後に後日談として入れたい。
・月曜日。登校:和が家のドア開けたら、直弥も同時にドア開けて、お互い目があって数瞬フリーズ。直弥がダッシュで逃げる。
学校についてからも、和が教室に入ると直弥がすぐに出ていく。授業合間の休み時間はチャイムぎりぎりまで直弥は戻ってこない。つまるところ避けまくってほしいのです。
昼休み、直弥がお弁当を持って教室出てすぐ、和に捕まる。強制的に屋上で二人きりのお昼。予鈴が鳴って立ち上がろうとする直弥を和が引き止め(腕を掴む)、しかし無言。本鈴鳴ったよ、と直弥が言うが、腕は離さず。数分~十数分無言。
和 「なぁ、前におまえのこと好きって言ったけど、おまえはどうなの?」
直弥「どうって……聞かれてもわかんねぇよ」
和 「じゃあキス、してみる?」
直弥「は!?」
和 「ナオ、駄目?」
直弥「……っ、駄目じゃない、けど……」
といった感じで流される、と←

とりあえずはここまで完成?しました。急展開な気がするんですが、あ、気のせいですか?←
作る上で頑張って直す、直せる……のか(・ω・`*)
【 2011/07/31 (Sun) 】 腐女子 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。